ブログトップ

ITALIA Happy Life イタリア ハッピー ライフ -Le ricette di Rie-

FOOD BLOGGER RIE* Insegnante di Cucina Giapponese イタリア在住の料理家。グルメブロガー, 日本料理講座講師, イタリア料理教室講師, 出張料理人, アテンド, 通訳...万屋。本場イタリア家庭料理と我が家の健康レシピをご紹介♪(元シェフのイタリア夫 監修) ペルージャ在住歴1年、トリノ在住歴5年半、現在モデナ在住。


by Rie
プロフィールを見る
画像一覧

若い料理人へ真のイタリア家庭料理を! 1月②-2 プチ料理留学レポ♡ Scuola di cucina Italiana, Gennaio 2017

日本から来た、若き料理人との
突然の出会いをきっかけに、ホームステイ型の
イタリア食文化をリスペクトした、土台となる
”基本の基本のイタリア料理教室”

レポが遅くなりました…(^^;;
b0246303_19531923.jpg
イタリアに行った、
本場で食べた、だけじゃ分からない、
意外と知られていない、イタリア人の常識を組み込んだ
土着したベーシックなイタリア家庭料理
本場イタリアで学んでみませんか。

Scuola di cucina Italiana

-Le ricette di Rie-


Bagna càuda


b0246303_19553427.jpg
今回は、ピエモンテ州の郷土料理
"本場のバーニャ カウダ"を作りました。

あぁ、バーニャカウダね。
知ってる!知ってる!と、知名度が高い
イタリア料理のひとつですが、、、

本場イタリアの
バーニャ カウダのことを
本当に知っていますか?

しかも、昔から季節の風物詩として
食べられる期間があるのを
知っていましたか?


私自身も日本で食べていたし、
自分でも作っていたのですが、、、
日本で食べるもとは、材料も野菜の種類も
こんなに違ったとはし、知らなかったのが事実で
本場で本当のバーニャ カウダを知って感動しました。

今まで日本で食べていたのは、にんにくとアンチョビの
オリーブオイルのドレッシングのようなものに
アレンジしたものだったと気づく…


Bagna càuda バーニャカウダとは...
発祥地は、イタリアの北西部のピエモンテ州です。
ピエモンテ弁で"salsa calda サルサ カルダ"の
こと言い、温かいソースという意味です。

ソースの材料は、オリーブオイルと
ニンニクと塩漬けアンチョビとバターが基本で、
近年は、ニンニクの臭いを和らげるために
牛乳を入れて作る場合もあります。

ピエモンテ州の新種(novello)が解禁になると
同時に解禁となり、秋〜冬に食べられます。
ポットでソースを温めて、秋の旬野菜をつけ
友人と大人数で一緒に食べるものです。


地元トリノっ子でも知らない人が
多いのですが、ピエモンテ州の特産品で
バーニャ カウダ専用のニンニクの種類があり
そのニンニクを使うと、牛乳を使わず作れ
次の日に口臭を気にする事なく、
胃もたれする事もなく、
昔ながらのクラッシックな
ニンニクの香り良いソースを楽しめ、
大量の野菜をガンガン食べる事ができます。

近年では、イタリアでニンニク嫌いも多く
レストランでもニンニク無しバーニャ カウダ
存在します。郷土料理が変化してしまう惨事ですね。

イタリア人は、ニンニク好きだと思われがちですが
パスタソースでも香りをつけるくらいで
食べる人は、南イタリア人を除いて
かなり少ないのが実状です。
ビックリでしょ、笑



過去8回も料理教室でメニューに
選ばれて来た”バーニャ カウダ”を
今回はモデナで揃う材料だけでしたが
堪能して、学んで貰うことができました。

本場イタリアで、シンプルな本当の味を知り
その土地その土地のイタリアの食文化を学ぶ
大切さを伝えたいなと改めて思いました。

アマチュア〜若き料理人へ
イタリア夫監修の元、
本場イタリアの食材を使い、
日本語で詳しく、日本人の目線で体験する
正統派イタリア料理教室モデナ校レポでした。

Scuola di cucina
- Le ricette di Rie -✈️🇮🇹

アマチュア〜プロまで受講者募集!
モデナ料理教室のお問い合わせ先:
riecco.happy.life@gmail.com
“
では、また~✿

꒰。•◡•。꒱۶꒰。•◡•。꒱۶
Alla prossima !

☆ コメントについて ☆
私事ですが、料理研究の向上&仕事の都合によりコメント枠を閉じています。
更新数をなるべく増やせるよう努力いたしますので、今後とも応援よろしくお願いしたします♥ Rie
ほぼ毎日インスタグラムに愛犬”モコの様子を配信中🐶💞🐾🔜Instagram

[PR]
by raniyjp | 2017-04-29 08:24 | Scuola di cucina料理教室