<   2011年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

年越しそば☆ご挨拶

b0246303_20434140.jpg
年越しそば  

年末疲れた胃腸にやさしい日本食で、年越を

お出汁とノンフライかき揚げの年越しそばを作りました♪


クリクマスから実家に帰っていて、今回も…

美味しいお肉やパスタ・ドルチェの食べ過ぎ、ワインとワインのの飲み過ぎで

お腹もほどほどに、成長してしまいました~><

お盆の帰省の際に食べ過ぎで、ジーンズが入らなくなった

苦い思い出があるので、今回控えめにしてたのですが…

しかし、美味しいものを目の前にすると食べちゃいますよね~(笑)
b0246303_2047371.jpg
あっさり醤油味は、癒されますね。

とろろ昆布も久しぶりです!おいしいぃ~♪

小さい頃、袋ごと食べていたのを思い出し

ついつい食べちゃう私…有り難く頂かないと!

お汁もノンフライかき揚げも美味しくできました

タベラッテ

ダンナは、年始2日から働かないといけないので

残念だけど、30日の夕方からトリノに帰る事にしました。

イタリア人は、働かないイメージがあると思います。

昔は、お昼は家に帰って家族と食べ

昼寝して午後出社と夢みたいでした。(一部は今でもそうですが…)


が、ダンナを始め世界を相手にしている会社は

特に今では、残業返上で働いている人も多くいます。

ダンナは、朝の8時に家をでて、早くて20時帰宅

遅い時は23時を回る事もあり、クタクタになって週末になります・・・


そして、実は30分位しか昼休みはありません

社員食堂でささっと済ませ、夕方休憩もありません

私の親友にこの話をしたら、『信じられない!』と言ってましたが>* ))))><。

仕事、仕事なので仕方ないのですね・・・

私は唯々『部長さん、たまには早く帰してやってください』と願うばかりです。


ストレスを抱え帰ってくるダンナの笑顔がみたくて

良い仕事をこれからも、してもらう為にも!

イタリアの野菜や肉魚の事、栄養面や食べ合わせなど調べ

元気になる様に、夕飯を研究し始めた今年。


遠くに住む家族や友達に、私達の元気の便りをしつつ

まだ知らない方々にも美味しいレシピや

トリノの良い所イタリアの良い所

これからもお伝えできればと思います!


そして、2012年も料理の研究を重ね

何かお仕事に繋がったらイイな!と願いつつ☆

家事の合間をみてブログUPして行きますので

よろしくお願いします

みなさまも、良いお年を!!!

タベラッテ
[PR]
by raniyjp | 2011-12-31 21:04 | Cucina giapponese 和食 | Comments(2)

b0246303_23363287.jpg
Pomodori ripieni di cous cous e granchio

イタリアでもクスクスを良く食べます。

今回は、サラダ感覚で時短で出来るレシピを紹介します。
Pomodori ripieni di cous cous e granchio
蟹缶のクスクスサラダ

材料(2人分)調理時間20分
トマト 大1個
クスクス 160g
お湯 200cc
蟹缶 1缶
インゲン豆 3本程
オリーブオイル 大さじ1
塩 
ブラックペッパー

作り方
1.ボールにクスクスを入れ、お湯オリーブオイルとつまみ塩で混ぜラップします

2.インゲンを塩茹でし、柔らかくなったら冷水につけ小口切りにします

3.トマトを大さじでくり抜き中身はみじん切りにします
(トマトをくり抜いたら塩をかけて、ひっくり返して水分を取ります)

4.クスクスに2.3を混ぜ合わせ塩コショウで味をつけ
トマトに盛り付けしたら出来上がり♪

BUON APPETITO!
b0246303_22545.jpg
CARNE DI GRANCHIO IN SCATOLA 蟹缶

日本から持ってきていた、貴重な蟹缶を使うことにしました。

この缶をいかにイタリアンとして美味しく食べれるか?
考えた結果、またインゲン豆しか合わないという事に・・・(笑)

インゲン豆のシャキシャキと蟹の塩味がマッチです。
急いでる時にもさっと出来ますよ!

********************************************

b0246303_22465880.jpg
ご実家特製の猪肉料理で、おもてなし

8年来の友人、ねぇさん夫婦と

ダンナの親友カップルを招き忘年会をしました♪

義父さんがブロックで友達からもらったいのしし肉を

6時間かけきれいにして

義母さんが1日かけ料理するこの肉料理は、美味です☆
b0246303_2344359.jpg


b0246303_2352860.jpg


b0246303_2383497.jpg
大切なこの2組のお客様、なかなかゆっくり会えなかったので

忘年会出来てよかったです。

ねぇさんは義姉さんのようで、ステキな旦那様も義兄さんのようで

私達の再会の火種といっても過言でもない、大切な夫婦です。

いっぱい話せて、ダンナはとっても嬉しそうでした。


今度は、新年会しましょうねっ♪


[PR]
by raniyjp | 2011-12-30 15:11 | Antipasti 前菜

b0246303_075831.jpg
Bruschetta

ブルスケッタとは、イタリア中部の郷土料理の1つで
こんがり焼いたパンにニンニクを擦り付け
オリーブオイルと塩で味をつけたトーストのこと。

トマトがのっているのも有名だけど
その上に好みの具材をのせて頂くなんです (*´ェ`*)…♥”
炭火で炙るという意味から、この名前が付いたらしい
b0246303_19575557.jpg
トースターやオーブンでパンがカリカリになっていればOK

義父さんのブルスケッタは生ハムバージョンで
友達の手作りエキストラヴァージン オリーブオイルを
たっぷり、たっぷり、たっぷ〜〜り
こぼれるほどかけます。

そんなにかけて身体に悪いのでは?!とお思いでしょうが
オリーブオイルを摂取して、健康になると言われます。
その症例に循環器官の疾患のリスクを減らす効果もあり
お肌のツヤも良くなると思いますよぉ✨

私が控えめにかけていたら
義父さんに『もっともっと、でなきゃ本当のブルスケッタじゃない』と
確かにたくさんかけた方がオリーブオイルの味が増し
今までより美味しい〜!

ぜひお試しを↓↓
タベラッテパパのブルスケッタ 


b0246303_6152958.jpg
L'ultima cena

最後の晩餐は予約が要必要です。
↑ここをクリックすると公式サイトに行けます。

ミラノの名所でもあり、世界遺産でもあります。

親友に、王道の日本人ツアーコースらしいので
最後の晩餐は『今回ぜひとも見たい!』と希望がありました。

予約が公式サイトでは売る切れていてチケットショップを探し
どうにか手間はかかりましたが、希望の日にゲットできました。


なかなか予約が希望通りに取れなかったり、土日はかなり
入手困難ということで、ミラノに住んでいる友達達も
行ったことが無いと言ってました。

ダンナもまだ行ったことがありません…苦笑
b0246303_655594.jpg
CHIESA DI SANTA MARIA DELLE GRAZIE
サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会

この教会の左にある建物から、最後の晩餐の
チケット売り場から入場できます。

レオナルド・ダ・ビンチの描く奇跡の絵画で
もともと修道院の食堂だったこの場所に、4m×9mと巨大な
壁画として描かれたそうです。

私は2回目でしたが、やはり素晴らしかった
親友は、感動の涙
朝の予約で多少バタバタして、でも朝のカプチーノは頂き
走って間に合ったのですが、見れて本当に良かったです。

ここに入るのに決まり事が色々とあります。
・20分前に行っておかないといけません。
・1グループ25人で15分しか見れません。
・写真は絶対に撮ったらだめです。


教会の中にもはいってみました。
b0246303_19541572.jpg

b0246303_7245093.jpg
ゴシック様式の教会の中もきれいで
教会のミサに行くと最後にパンを頂きます。
これはキリストの事を指しありがたいものとされます。


では、ブルスケッタを思い出し、美味しく頂きましょう!
レシピはこちらから↓
タベラッテ
レシピブログのランキングに参加中♪ 
↑↑よろしければクリックしてくださいね♪

[PR]
by raniyjp | 2011-12-29 00:08 | Pane/Focaccia パン系   | Comments(0)

b0246303_87155.jpg
FAGIOLINI AL SESAMO

私の家族はびっくりすると思いますが、インゲン豆のレシピを紹介します。

なぜなら、インゲン豆は嫌いだったからです。

緑の豆が枝豆以外、嫌いなんです。



シェフの弟のレストランに行くと、これにはどう考えてもこれしかない!と

いつもインゲンやアスパラ・ブロッコリーを添えてきます。

それが、この時ばかりはすべて食べれるんです!!

絶妙な組み合わせで、確かにベストマッチなのです。



いつも食べず嫌いだよ!と言われますが・・・

買ったことも無ければ、作ったことも無いのです。



しかし、居酒屋Rでダンナの同僚を招いたときに

献立を考えていて、なんか緑が足りなくて

これしか無い!!



初めて買い、調理しました。

イタリア人にも大好評で、私の定番料理になりそうです。

お正月のお酒のつまみにも、よさそうですね♪

タベラッテ 
b0246303_8381268.jpg
PACCO

日本からボロボロになった箱が、クリスマス直前に届きました。

横は裂け、今にも飛び出しそうでしたが

きれいに1つ1つ包まれていたので、壊れることも無く

無事に届きました。



父母がクリスマスに合わせ、正月のための食材やら

リクエストのものやら送ってくれたのです。

b0246303_843041.jpg

宝の箱でした。

なんだかダンナの大好物ばかり(笑)

母の手紙とおばあちゃんからの贈り物も入っており

正月帰省したいなぁという気持ちになり

ジン・・・・・ときました。


ダンナが箱を取り出しこれなんだ?と
b0246303_847539.jpg
I DODICI SEGNI DELL' OROSCOPO GIAPPONESE

十二支の飾り物を母がデパートで見つけ、正月飾りに送ってくれたのです。

かわいいサイズで振ると音がします。

ダンナが早速嬉しそうに、ひとつひとつ鳴らし飾ってました。

サルが好きなので、もちろん真ん中です。



義父さんと義母さんも手紙と通りもん喜んでました。

急いで送ってくれた母に、感謝



もう気付けば今年もあと4日。

おせち準備しなきゃ!!

このインゲン豆のゴマだらけも入れましょ!

↓こちらから簡単レシピチェックしてくださいね!
タベラッテインゲン豆のゴマだらけ 
レシピブログのランキングに参加中♪ 
           よろしければクリックしてくださいね♪

タベラッテ←ピザとヌテッラ?!今夜のライフブログUPしました!
[PR]
by raniyjp | 2011-12-28 09:05 | Cucina giapponese 和食


b0246303_7301521.jpg
Cappelletti in brodo カペッレッティ イン ブロード

義マンマの作る本場の黄金スープで

これも義祖母と義母の手作りで、家族の味です♪

カペレッティの作り方は、次回の講習の際にレシピを詳しく紹介しますね。

Ricetta ↓↓ レシピはこちらから
タベラッテ黄金のブロード☆カペッレッティ

パスタの種類は、2種類があり

Pasta asciutta パスタ アシュッタ
・・・ スープなしのパスタ(ソース パスタ)

Pasta in brodo パスタ イン ブロード
・・・ スープ パスタ

スープパスタは、このカペッレッティ
(日本ではカペレッティ…)と生パスタ中心に

決まったパスタだけ、ブロードスープと頂きます。
(イタリアではスパゲッティを
大抵スープには入れないんですよぉ)

********************************************

クリスマス休暇は、ダンナの実家
ペルージャへ里帰りしました。
b0246303_425239.jpg
Perugia 
Palazzo dei priori

ペルージャは
イタリアの真ん中位置
ローマとフィレンツェの間にある
丘の上の町。

私がイタリアへ留学を言ってもしても
ミラノかローマもしくはフィレンツェなら
知っている人も多いですが
ペルージャと言うと・・・(?-?;)

でもサッカーの。。。と切り出すと
『あぁ~中田がいた所ねっ』と言うと
みんな、大体分かってくれるかなっ

イタリア サッカーでも一躍有名になった
中田さんのおかげで
この町の知名度が日本では上がったと思います。
b0246303_81368.jpg
Università per stranieri di Perugia

ペルージャ外国人大学があり
留学生も多く、各国各地から学びに来ています。

大学に、日本人の優秀な先生が2人在校され
基本は日本語の講師ですが
日本人の学生為にイタリア語の補講して下さったり
日伊の学生の交流なども積極的にされ
楽しく安心して通えると思います。

イタリア語を学ぶなら
ココで!はお勧めです〜!!
b0246303_23183774.jpg
Duomo

ドゥオモは、町で一番重要な教会
私も8年前に、留学して1年住んでいたので
ふるさとの街。

私達は、そのころお互いの言語を学び
そしてダンナと出会いました

その頃出会った友達は
今でも親密に連絡を取り合っていて
かけがいのない仲間で
結婚式もお祝いして貰いました。
b0246303_23345670.jpg
Tra archi トレアルキ

そんな素敵な奇跡を起こした町
また慣れ親しんだ道
ここに来ると懐かしくもあり
ホッとします。

そしてダンナ家族と親戚と友達が住む町

坂道が若干多いですが
眺めもよく観光にも最適な町です。
b0246303_892379.jpg
Corso vannucci 

 ヴァンヌッチ大通り
メイン通りに飾られた
クリスマス イルミネーションです。


では、また~✿ 
 Alla prossima !

タベラッテ黄金のブロード

[PR]
by raniyjp | 2011-12-27 08:58 | Pasta パスタ

b0246303_3313992.jpg
b0246303_2331197.jpg

BRASATO

クリスマスといえば、鳥の丸焼きなのですが
うちの家族の数人は、飽きたということで・・・
ダンナが"ブラザートで今年のクリスマスを祝おう!"と
これを作ることにしました。

ワインにしっかり漬け、じっくりじっくり煮込みます。
ダンナの作るブラザートは、本当に柔らかく絶品です☆
年末年始の親戚やお友達と過ごすパーティに
ブラザートで、おもてなしも素敵ですよ。




25日のクリスマスは、親戚と一緒に過ごしました♪

日本の正月のような感じで、近い親戚が集まり
プレゼントを渡し、クリスマスを祝います。
14人で3時間あまりご馳走を一緒に食べ
にぎやかに楽しく過ごせました。
b0246303_1335686.jpg
POLLO ARROSTO
鶏のオーブン焼き
b0246303_1571342.jpg
CAPPELLETTI
カペレッティ

クリスマスに食べる、帽子の形をしていて
中にミンチ肉が入っているパスタです。
義祖母と義母さんが生パスタから
1日かけ手作りしました。
b0246303_2182569.jpg

PARMIGIANA DI GOBBI 
パルミジャーナ デイ ゴッビ 

イタリアのセロリのような野菜で、煮て衣を付け揚げて
トマトソースをかけて、オーブンで焼く、家庭料理になり
皆が集まるときには、実家で必ず出てきます。


味はシンプルですが、歯ごたえがあり
揚げているので少し重いですが
ダンナの大好物です。
b0246303_2554784.jpg

PANETTONE E PANDORO
パネットーネとパンドーロ

b0246303_23491148.jpg
2日前から準備してこの日を迎えました。
私は、イタリアで過ごすクリスマスが始めてで
もっとたくさん食べないといけない
イメージで多少恐れていましたが
今回は、ダンナの実家宅に招いたので
ほどほどで済みました~♪
b0246303_3291683.jpg

夜もまた親戚を招き、第2回戦が始まりました。

b0246303_341277.jpg

少し軽めに、サラミ・生ハム・コッパ・
サルチッチャやイノシシの肉

b0246303_3421035.jpg

チーズの盛りあわせなどなど・・・
結局お腹いっぱい食べました。

日をまたぎ1時まで盛り上がり
楽しい思い出が出来ました♪


タベラッテ
 ←ポチッ 

[PR]
by raniyjp | 2011-12-27 03:56 | Carne 肉料理 

スモークサーモンのタルティーネは
イタリア料理でもパーティー料理の定番で
時短で作れ、食前酒と手でつまんで食べれます♪
b0246303_359240.jpg
Tartine al salmone affumicato
スモークサーモンのタルティーネ


材料(2人分~)調理時間6分
スモークサーモン 
バゲット 半分
バター 適量
レモン

作り方
1.バゲットをスライスして、バターを薄く塗ります

2.サーモンをパンに合せスライスして、レモンを飾り出来上がり♪

BUON APPETITO!


トリノからペルージャまでは、車で6時間かけ
ダンナの実家に、クリスマス休暇は帰省していました♪
b0246303_45056.jpg
CENTRO TAVOLA

今回のサプライズは、私の手作りのテーブル中央に飾るお花
着いてすぐに渡すと、義母さんがすごく喜んでくれました♪

葉っぱがチクチクするので
手が傷だらけでボロボロになったのですが
こんなに喜んでもらえてよかったです( ॢꂧ͂ ૩ꂧ͂)♡้


この2ヶ月あまり、お花屋さんやデパートなどで見て研究し
赤のロウソクがどこも売り切れていて
やっとの思いでゲットしました。

思いのほか上手にできたかなぁ
自画自賛・・・笑
b0246303_432643.jpg
近所の子供たちが、プレゼントを持って遊びに来てくれました。

私の作品も“かわいい!!”と言ってくれましたよ〜♪
そして、みんな大きなツリーに釘付けになってました。


ところで皆さん知ってました?!
24日のクリスマスイヴはいろんな家から、魚料理の匂いがするの
キリスト教だとお肉は食べられないので魚料理にする家庭が多いのです。

イメージとしてお肉を食べ、赤ワインを飲んでますが
実は、イヴは白ワインと魚などで25日を迎えます。

そして、正午に教会のミサに参列します。
私たちも義祖母と従兄弟達と一緒に
時間は早いですが夜、教会に行ってきました。
b0246303_4231389.jpg
REGALI

25日なってから、家族でプレゼント交換をし
みんなで開けます♪

私は、ダンナからステキなバックと
家族からお菓子作りセットを頂きました♡
とっても幸せな時間でしたღ˘◡˘ற

ダンナが、5年ぶりにクリスマスを家族と過ごすので
義父さんも義お母さんもいつも以上に張り切っていて
玄関から家中、クリスマス一色!!

キッチン前もべランダにもイルミネーションで
キラキラになってました☆☆☆
b0246303_3413022.jpg
BUON NATALE  メリークリスマス

天井まである巨大ツリー053.gif
ツリーの下にも素敵な作品プレセ-ピオの人形が並んでいます。

では、皆様よいクリスマスを~☆
Buon natale!

レシピブログのランキングに参加中♪ よろしければクリックしてくださいね♪

[PR]
by raniyjp | 2011-12-25 21:05 | Antipasti 前菜

b0246303_214118.jpg
Cannelloni カンネッローニ

いつものおもてなし料理は、ラザニアなのですが
たまたま買ってきたパスタを
ダンナが棚から見つけてきました。

『これの方が、きっと食べたことないから嬉しいかもよ』
今回は、カンネッローニ
日本から来てくれた大親友をおもてなしすることにしましたぁ〜

いつも手にしないこのパスタ、おいしいのは知っていて
面倒かなと思っていた・・・が簡単で楽しかったです。

しかも、やっぱり食べたこと無くて
喜んでもらえて、ダンナの言うとおり
こっちにして良かったです。

タベラッテカンネッローニでおもてなし 
ポチッとおねがいします!

彼女とは高校時代からの友達で、私のことで
知らないことは無いくらい知ってますぅ
イタリアには2回目の訪問(*˘▿˘✽)

今回はゆっくり大人の旅をしよう!ということで
トリノミラノに絞って観光することにしました。


1日目は曇り空で、街で買い物三昧で終わりましたが
要望のものすべて買えて、おしゃべりしながらの買い物は楽しかったです。
タックスフリーで帰ってくるなんてステキ072.gif

円高だからユーロ圏に来時ではないでしょうか?!
1部税金が、今年20%から21%になり
ディーゼルのガソリンも高くなりました。
来年は23%になるとのこと(Ö)!!
住む方はかなり、キビシイ・・・・
b0246303_359560.jpg
モーレ アントネッリアーナの展望台でアルプスが見れました~~
最高の運気!!
親友も仕事がんばって、長旅で来て
本当に良かったと言ってましたぁ
b0246303_49619.jpg
国際映画博物館を軽く一回りして
b0246303_412990.jpg
Museo Egizio di Torino エジプト博物館

ダンナが大好きで、オススメの博物館で
カイロの博物館の次で、世界第2位
数々の至宝があります。

質も状態もいいと有名ですが、見応えもあります。
b0246303_1951327.jpg
ファラオの大きな像もあり
ルクソールのムート神殿で発見された
ラムセス2世像やカーとメリトの墓から出土した
手付かずの副葬品の数々が展示されています。
b0246303_19522974.jpg

1.2.3のテーマにそってたくさんの作品を見れます。
本物のミイラもいますよ。。。
行って見る価値が高く、数の多さに圧倒されます。

なぜ、トリノにあるのか?・・・
ということで、また〜
Ciao!


↓カンネッローニのレシピはこちらから
タベラッテ
←ありがとうございます!
[PR]
by raniyjp | 2011-12-23 00:00 | Pasta パスタ | Comments(0)

b0246303_1291079.jpg
TIRAMISU

イタリア代表の"ティラミス"は
おもてなしにもオススメなお菓子♡


ティラミスの直訳は…
私を上に引き上げてですが
これは元気にするケーキという意味です。 
確かに食べると元気になるよねぇ〜(๑¯◡¯๑)੭ु

イタリア留学していたときから早8年。
現地でイタリア人の友達に『イタリアでこれを作れないと駄目だよ〜』っと
本場マンマに作り方を教えてもらって
それから、色々なイタリア人に作り方や材料など
アドバイスを貰い、今に至るこのレシピは目分量。笑
イタリア家庭料理も目分量がかなり多いの…

レシピにする為計りましたぁ
リピート間違い無しの、本格レシピをご紹介〜♪


レシピを色々みていたら、日本では生クリームを入れる?!
私この前入れ忘れたっけ?
『生クリームをイタリアの本場は入れる?』
ダンナにと尋ねると
『もぅ〜生クリームなんて入れないよ〜!』って
プンプンなダンナ…(/ω\)
身体で覚えているこのケーキは本場仕込でホッと一安心💦

日本でのイタリアンは、なんだか重いイメージよねぇ(ノ_-。)
日本好みにアレンジされ濃厚コッテリになってるお店が多いそう…
あとは、マスカルポーネが高価だから生クリームで
嵩まししているらしいとか…
カルボナーラもそうですが、本場は生クリームは入れませんよ〜


************************************************************************************

日本から乗り継ぎ含め24時間かけて
大親友がトリノまで遊びに来てくれましたぁ(*˘︶˘*).。.:*♡
b0246303_1481540.jpg
宝の山✨
荷物の重量制限24kgのところ、23.9kgとピッタリで
トリノまで持ってきてくれました。

くまモン焼酎(熊本のゆるキャラ大賞の)を初め
飾り餅と九州の土産とスーツケース90%私宛の品で
ぎっしりε(*╹◡╹*)з 感激の嵐!!!

トリノに来てから欲しかったものや、食べたかったもの
買いたかったけど、買えなかった物などリクエストしまくり
仕事で忙しい中、スーパーやネットで探し回り
買ってきてくれました。
ありがとう友よ♡
b0246303_1855426.jpg
トイレの便座カバーも付けてくれました。
こちらでは、ビデが別にあって温便座が一般化されていなく
ヒヤッとするのに限界になっていた私・・・
イタリア文化にはない、トイレカバー。
b0246303_18575068.jpg
今朝は-2℃まで冷え込んできたのですが
これで安心。

ではでは、、、
クリスマスのテーブルコーディネートをして
イタリアンでおもてなし〜♪
b0246303_1961044.jpg
長旅で疲れた身体もティラミスで元気にしましょ〜♪
b0246303_1951159.jpg
大親友もダンナもとっても喜んでくれたよ(♡´◡`♡)

タベラッテ簡単あっさり ティラミス
では、また~✿
Alla prossima !

応援ポチッ Click Grazie♪

[PR]
by raniyjp | 2011-12-22 19:17 | Dolci お菓子 | Comments(2)

b0246303_201171.jpg

インターラーケンの帰り道は、トゥーン湖の近くまで行こう!と

車を走らせました。

良い天気で、太陽がアルプスの雪に反射して

キラキラしてました。
b0246303_244532.jpg

湖を結ぶ船が、ちょうど来ました。

私は乗りたかったんですが、ダンナは船酔いするので

手を振り見送ることにしました。

b0246303_240186.jpg

THUN

トゥーンというベンルに近い街で、先ほど行った

トゥーン湖の近くにあります。

写真の奥の建物は、お城です。

メジャーではないですが、ダンナはベルンより面白い!と言ってました。

橋が架かり曲がった小さな道々は、小さなヴェネチアみたいでした。

b0246303_36783.jpg

ここもクリスマス前で、お店がたくさん出ていて賑わってました。

お昼は、昨日のチーズフォンデュが重かったので

軽めにしょう・・・と思ってたのですが!!

良いにおい~

気付いたらダンナは、もう列に並んでました(笑)
b0246303_249128.jpg

b0246303_2563175.jpg

ハードチーズのラクレットが目の前で焼かれトロトロを

パンにのせ、スパイスをかけて青空で食べる。

最高です!行列で並ぶ理由が分かります。

スイスチーズはおいしいし、種類が本当にたくさんあり驚きました。


ところで、スイスはユーロじゃないのは、知ってらっしゃるでしょうが

スイスフランって見たことありますか??
b0246303_2105344.jpg
お札はカラフルでサイズは大きめです。
b0246303_211987.jpg
コインはすべて銀色です。

5フランは、やたら大きく分かりやすいのですが

慣れていないと出すときに、同じに見えてモタモタしてしまいます。


この旅で、一番楽しみにしていた
b0246303_2419100.jpg
チーズフォンデュ

キルシュのお酒がきいていて、少し濃い味でした。

パンのみで食べますが、ペロッと食べてしまい満足です。

隣さんが食べていたオイルフォンデュが気になってパリャリ
b0246303_313973.jpg

オイルブルギニョンといってスイスの名物料理でもあります。

生肉をオイルで揚げて色々なソースに付け食べるという料理です。

ペルージャでもこの料理はあるので、次回食べることにしましょう。

b0246303_215487.jpg

一番かわいかったのは、このアイス。

ずっと、どうやって作ったのか?

2人でああだこうだ??!!

『じゃ、今度イタリアの国旗で作ってみよう!』と考えてみたのですが

??縦ストライプ3色・・・簡単だ(笑)

『日本は?』

・・・日の丸も簡単だ(笑)

と長々スイス旅行を読んで頂いて、ありがとうございます。



夜着で、日本から親友がトリノに遊びに来てくれます。

ワクワク053.gif



<お知らせ>

この記事が、トリップアドバイザー
おすすめブログに掲載されています♪
良かったら、こちらも見てくださいね。
    ↓↓↓
トゥーン
旅行口コミ情報


[PR]
by raniyjp | 2011-12-16 03:47 | Svizzera スイス旅行 | Comments(3)