という、イタリアの多くの地域で
3月19日の父の日に食べるお菓子です👔

19 marzo, la Festa del Papà con
le Zeppole di San Giuseppe
b0246303_02241393.jpg
ゼッポレ ディ サン ジュゼッペとは。。。
揚げたシュー生地にカスタードクリーム、
アマレーナ(酸っぱいシロップ漬けのチェリー)が
のっていて粉糖がかかっている、イタリアの父の日のお菓子です。

伝統的なものは揚げているシュー生地ですが
近年ではオーブンで焼き、シュークリーム感覚のものも
多くなってきました。お菓子屋さんなどでも、
揚げと焼きの2種類から選べます。

ゼッポラ(単数)の発祥地は、10つの南イタリアの州で、
それぞれ特徴があります。その中でも
アマレーナが赤いのが特徴です。

ナポリでは、父の日だけでなく年間通して
売られていて、写真右のゼッポリーネという
小さいものもあります。

Zeppole napoletane di San Giuseppe
e Zeppoline
b0246303_18104893.jpg
日本のレストランでも、簡単にゼッポレと呼ぶ
生海苔入りの揚げ物がありますが、イタリアでは
ゼッポレは、このお菓子のことを指します。 (*˘˘)

イタリアでは、塩味のことを指すとき
小さいゼッポレという意味のゼッポリーネというと、
塩味の海草のか?お菓子のか?とまずなります。

海草入りのゼッポレは、正式には
”Zeppoline di alghe ゼッポリーネ ディ アルゲ
(Frittelle di alghe フリッテッレ ディ アルゲ)”です。
イタリア人は適当だから、こんなちゃんとした言い方を
しなくても大丈夫、大丈夫! なんて思われがちですが、
意外と食の知識に関して厳しいイタリア人なのです。
(か、関心ゼロのイタリア人のどちらか、笑)

海草なら青のりでもいい気がしますが。。。
青のりは熱に弱いので、この揚げ物に向いていないの。
日本の青のりは、のりだから海のイメージですが
四万十川の で採れたものが最高級だったって…
日本で買ったパッケージに書いてありました。

ちなみに本場ナポリでは、
ゼッポリーネ ディ アルゲを魚料理の前の
夏の前菜としてよく食べられます。使われる
海草は lattuga di mare ラットゥーガ ディマーレ
日本でいうアオサ(アーサー)です。
アオサは熱に強いので揚げ物には最適!

"新企画:土着したイタリアの食知識、
本場イタリアの食文化を知ろう!"でした。

MOKO (aveva 7 giorni) e papino
Auguri Papà!!!
b0246303_17501376.jpg
ぇぇ本題に戻り。。。
イタリアやスペインとポルトガルの
父の日は毎年3月19日

これもキリスト教が関わってくる聖日の一つで
聖母マリアの実夫であり、イエス キリストの養父
"サン ジュゼッペ (聖ヨゼフ)"の聖日が3月19日なので
サン ジュゼッペの日であり、父の日なのです。

日本同様、父に感謝する日です。
毎年義理の父に"AGURI おめでとう"と祝います。

イタリアでは、父の日や母の日など
おめでとう!と祝福する習慣があります。
今まで当たり前で何も気にせず、過ごしてきましたが
なぜ誕生日でも無いのに、おめでとうなのか?

なぜ、おめでとうなの?この日に向けてなの?と
イタリア夫に聞くと"正月におめでとう!"と
いうのと同じ感覚だという答えが。
あぁ、そう言うことか、、

今年は、うちのイタリア夫も
毛深い息子(=愛犬モコ)のパパになったので
プレゼントとおめでとう!( ´艸`♡)
ゼッポレ手作りすると大量になるので
次回ね。。。
꒰。•◡•。꒱۶꒰。•◡•。꒱۶


長々と最後まで、押し付けがましい⁈
ウンチクがらみの記事を読んでいただき、
ありがとうございました。

では、また~✿

☆ コメントについて ☆
私事ですが、料理研究の向上&仕事の都合によりコメント枠を閉じています。
更新数をなるべく増やせるよう努力いたしますので、今後とも応援よろしくお願いしたします♥ Rie
ほぼ毎日インスタグラムに愛犬”モコの様子を配信中🐶💞🐾🔜Instagram

[PR]
by raniyjp | 2017-03-20 20:38 | Dolci お菓子

今週の日曜日より一足先に食べた
ナポリのパスクア(イースター, 復活祭)菓子
🐰パスティエラ ナポレターナ🐣✨

Pastiera Napoletana
b0246303_23575813.jpg
前菜にちょっと日本の風を。。。

大根と紫蘇のサラダ
母のらっきょうトマト酢

Insalata di Daikon e Shiso
Pomodorini e Rakkyo sotto aceto di riso
b0246303_00001444.jpg
手打ちパスタ、こだわりラグーソース、
クリーミーなベシャメルソースを作り
イタリア人達も吃驚してくれた
自家製ラザニア

Lasagna fatta in casa
b0246303_00021588.jpg

家にあった材料で急いで作った
イタリア夫の大好物のひとつでもある
ペペローニ (パプリカ)の詰め物✨

Peperoni Ripieni
b0246303_23574065.jpg
本日のメインは、パスクア菓子
イタリア人達に大変褒めていただきました
"パスティエラ ナポレターナ"

Pastiera Napoletana
b0246303_00024585.jpg
ナポリの郷土菓子で
簡単に言うと茹で小麦入りのタルト。
全粒小麦を茹でたものを、さらに牛乳で煮て
リコッタチーズや卵などを加え、オレンジの香りを効かせ
プチっとした食感としっとりしたフィリングが特徴で
おかわりができない程、重めのタルト

後になってつい思い出してしまう
美味しさ😋、笑

ナポリで郷土菓子として
復活祭の時に食べられる特別なものでしたが
今はナポリだけでなく、イタリア全土のナポリ料理屋さん
(ピッツェリア)を中心に、年中食べることができます。
(レストランのは、日保ちさせる為か
少しパサパサしているけど…)


当日に誘ったにもかかわらず
ケーキ消化の為、集まってくれた皆んな♡
前半からお酒も進み、日をまたぐまで話は盛り上がり
楽しい時間を皆んなで過ごすことができました‼︎
では、また~✿


🐣🐥🐣ハッピーイースター🐥🐣🐥
🐰꒰。•◡•。꒱۶꒰。•◡•。꒱۶🐰
Buona Pasqua a Tutti!!


☆ コメントについて ☆
私事ですが、料理研究の向上&仕事の都合によりコメント枠を閉じています。
更新数をなるべく増やせるよう努力いたしますので、今後とも応援よろしくお願いしたします♥ Rie Instagram

[PR]
by raniyjp | 2016-03-26 06:42 | Campania カンパニア州旅行



昨日の旅の続きで。。。
ブルゴーニュ地方, ディジョンの
オススメお土産をもうひとつ
ご紹介 (⑅๑´ڡ`๑)

Pain d'épices
Il Pain d'épices è un dolce,
a base di una miscela di spezie e miele.
ミュロ エ プティジャン ディジョンは
1796年開業と歴史ある "パン デピス"のお店。

日本でもフランス菓子取り扱い店で
見かけた方もいらっしゃるかもしれませんが
スパイス入りのパンの事。
b0246303_01060286.jpg
アニスやスターアニス、シナモンなど
たくさんのスパイスとはちみつが
練り込んであります。
伝統的な大きな画用紙ほどのパンは6kgもの重さで
長時間かけオーブンでゆっくり
焼いたものだそうです。
最近は塩味バージョンや
ドライフルーツ入りのもあります。
砂糖菓子やクッキーなどもありオススメ☆
b0246303_01262760.jpg
Pain d'Epices Mulot et Petitjean
13 Place Bossuet, Dijon, Francia
甘さ控えめで、スパイスの香りが良い
味わい深く美味しい郷土菓子♡

食感は硬めで乾燥したケーキのような感じで
大人が好む菓子パンでしたよ ꒰๑´•.̫ • `๑꒱

ディジョンの旅レポは
まだ続きます。。。
では、また~✿

Alla prossima !

☆ コメントについて ☆
私事ですが、料理研究の向上&仕事の都合によりコメント枠を閉じさせていただいています。
更新数を増やせるよう努力したします♥ Rie

[PR]
by raniyjp | 2015-03-25 02:08 | Francia フランス旅行