タグ:Lavoro 仕事 ( 160 ) タグの人気記事

前回から引き続き…

某お弟子さん1名とさらに日本から
元料理芸人のお弟子さん1名を迎えた、
若き料理人2名との我が家ホームステイ型
イタリア食文化をリスペクトし土台となる
”基本の基本のイタリア料理教室”
第2弾エミリアロマーニャ州、
モデナで開催した
遅レポです。

b0246303_05423672.jpg

イタリアに行った、本場で食べた、
だけじゃ分からない、意外と知られていない、
イタリア人が思う常識を組み込み、土着した
ベーシックなイタリア家庭料理を本場で
まず日本語で学んでみませんか。

Scuola di cucina Italiana

-Le ricette di Rie-

Orecchiette con le cime di rapa

Orecchiette fatte a mano

Scarola ripassata

Tiramisù

b0246303_07112048.jpg

生徒さんのご希望で手打ち生パスタ
一緒に作りました💪南イタリア プッリア州の
郷土パスタで小さい耳という意味の
卵を使わないオレッキエッテ✨

Orecchiette fatte a mano
b0246303_06324252.jpg

手打ち生パスタのもっちもち食感が
たまらないチーマ ディラーパ(西洋菜の花)の
オレッキエッテ✨

Orecchiette con le cime di rapa
b0246303_06405619.jpg

もう一つリクエストで
第一弾の夜食に
出したお惣菜。

スカローラという
見た目がレタスに
似ていて、
苦味のある
イタリアの野菜を使い
レストランとかでメニューない、この時期の
イタリア
家庭料理
ならではの一皿✨

Scarola ripassata
b0246303_06483198.jpg

第一弾で作った本場ティラミスを
復習として、生徒さんに一からレシピ通り
作ってもらいました💪

b0246303_07025546.jpg

日本で食べるティラミスと
作り方や味が違う、本場の味を
無事味わって貰えました🈴✨

Tiramisù
b0246303_07021490.jpg

今回も新しい視点から
イタリア料理を学んでもらえました。
自家製生パスタ体験を少し苦戦しながらも
楽しんで、本場の味を堪能して貰えた様です。

イタリア料理を作る上で、基本となる部分
愛する家族の為に、家族を思い作る家庭の味。
有名レストランでの箔付け修行だけでは
体験できない大切なこと。

プチ料理留学ならでは
イタリア式に家事をこなしながら
家族愛など実際に感じてもらう
貴重な体験ではないかなと。


アマチュア〜若き料理人へ
イタリア夫監修の元、
本場イタリアの食材を使い、
日本語で詳しく、日本人の目線で体験する
正統派イタリア料理教室モデナ校レポでした。

Scuola di cucina
- Le ricette di Rie -✈️🇮🇹

アマチュア〜プロまで受講者募集!
モデナ料理教室のお問い合わせ先:
riecco.happy.life@gmail.com
“

꒰。•◡•。꒱۶꒰。•◡•。꒱۶
Alla prossima !

☆ コメントについて ☆
私事ですが、料理研究の向上&仕事の都合によりコメント枠を閉じています。
更新数をなるべく増やせるよう努力いたしますので、今後とも応援よろしくお願いしたします♥ Rie
ほぼ毎日インスタグラムに愛犬”モコの様子を配信中🐶💞🐾🔜Instagram


[PR]
by raniyjp | 2017-06-16 06:30 | Scuola di cucina料理教室

引き続きレポが遅くなりましたが。。。

第一弾から引き続き、
お弟子さん1名とさらに日本から
元料理芸人のお弟子さん1名を迎え、
若き料理人2名とのホームステイ型
イタリア食文化をリスペクトし土台となる
”基本の基本のイタリア料理教室”第2弾
エミリアロマーニャ州、モデナで
開催したレポです。
b0246303_00414058.jpg

イタリアに行った、本場で食べた、
だけじゃ分からない、意外と知られていない、
イタリア人が思う常識を組み込み、土着した
ベーシックなイタリア家庭料理を本場で
まず日本語で学んでみませんか。

Scuola di cucina Italiana

-Le ricette di Rie-


Cozze gratinate

Carbonara

Carpaccio di carciofi

Torta al cioccolato

b0246303_23472783.jpg
午前中メルカートへ行き、
生徒さん達が魚屋で気になった食材、
ムール貝”を使ったイタリア定番料理。

ムール貝のグラタン✨

Cozze gratinate

b0246303_01091950.jpg

カルボナーラは、和製イタリアンだと
生クリームを入れ、クリーミーなのが支流ですが
入れないのが本場流で、イタリア人には無い常識…
本場カルボナーラの定義がいくつかあり
ベーコンでなく、グアンチャーレを。
チーズもペコリーノの羊のチーズを。
卵も。。。

日本人の好みがあるけど、
本当の味や材料、食文化を知ることが、
このレッスンでは大切な事☝️🇮🇹

Carbonara

b0246303_01202626.jpg
丁度レッスンした時期、
旬だったカルチョーフィ2種類を使って

生のアーティチョークの
カルパッチョ
モデナ風✨

Carpaccio di carciofi
b0246303_00050910.jpg
丁度この日は、
実はバレンタインだったので…
イタリア家庭ならではチョコレートケーキを🌹


Torta al cioccolato
b0246303_00115989.jpg

大きな発見、小さな発見、
改めて知った発見など、色々な角度から
イタリアの食文化を学んでもらえたようです。
イタリア野菜の下処理やイタリアだからこそ
調理に気を付けないといけない事など
普通では教えてもらえない事
詳しく細かく伝えました。

いい顔でペロリと
たくさん食べてくれて嬉しい限り♪
新しい出会いに感謝。


アマチュア〜若き料理人へ
イタリア夫監修の元、
本場イタリアの食材を使い、
日本語で詳しく、日本人の目線で体験する
正統派イタリア料理教室モデナ校レポでした。

Scuola di cucina
- Le ricette di Rie -✈️🇮🇹

アマチュア〜プロまで受講者募集!
モデナ料理教室のお問い合わせ先:
riecco.happy.life@gmail.com
“
では、また~✿

꒰。•◡•。꒱۶꒰。•◡•。꒱۶
Alla prossima !

☆ コメントについて ☆
私事ですが、料理研究の向上&仕事の都合によりコメント枠を閉じています。
更新数をなるべく増やせるよう努力いたしますので、今後とも応援よろしくお願いしたします♥ Rie
ほぼ毎日インスタグラムに愛犬”モコの様子を配信中🐶💞🐾🔜Instagram

[PR]
by raniyjp | 2017-06-10 00:03 | Scuola di cucina料理教室

遅くなり…2月の
メルカートツアー
レポですが。。。

第一弾から引き続き、
お弟子さん1名とさらに日本から
元料理芸人のお弟子さん1名を迎え、
若き料理人2名とのホームステイ型
イタリア食文化をリスペクトし土台となる
”基本の基本のイタリア料理教室”第2弾
エミリアロマーニャ州、モデナで
開催したレポです。

Mercato Albinelli, il mercato storico di Modena
b0246303_04153656.jpg

現地の素材や特産品を観て学ぶ
モデナの歴史的市場"メルカート アルビネッリ"へ
"メルカート ツアー"。

Scuola di cucina Italiana
-Le ricette di Rie-

b0246303_04171382.jpg

日本であまり食べないような種類など
色々と説明し、気になるものを購入👛

モデナから近い港やシチリア島から届く
意外と新鮮で種類が豊富で割と安価な(トリノよりも)
魚介類が揃います🐟

b0246303_04220834.jpg

メルカートは、その土地土地の
食文化の宝庫なので、こうして足を運び
食材を知ることで、イタリアの食の知識が増える。

b0246303_05550579.jpg

今回はぐるっとひと周りし、
気になる旬の野菜をまず選び、
それに合う食材を選んでいきました。

品質を吟味し、メニュー構成を無駄なく
考えることも料理人にとって大切なこと。

b0246303_05531631.jpg

生徒さん達と一緒に、食材を見て周り
使ってみたい素材や、作りたい料理など、
希望を取り込み、両手いっぱい購入しました。

今回も、旅行や観光で感じるイタリアとは違う
新しい発見が多くあったようです。

前回も書きましたが
少しイタリアの生活に入り込み
在住者になった気分を体験すること。
土着度を増やし、自分のイタリア料理の幅
基本から逸れ過ぎずに、広く増やしていくこと。

メルカートに何度来ても楽しいって事も、大切で、
地元食材を見て、インスピレーションする事。
こうして、イタリア食材を本場で学ぶ事は
今後、イタリア料理に携わる為に
とても大切なことだなぁと
改めて思った
メルカートツアーでした。


次回は購入した食材での
イタリア料理教室レポです!
では、また~✿

Scuola di cucina
- Le ricette di Rie -✈️🇮🇹

アマチュア〜プロまで受講者募集!
モデナ料理教室のお問い合わせ先:
riecco.happy.life@gmail.com
“

꒰。•◡•。꒱۶꒰。•◡•。꒱۶
Alla prossima !

☆ コメントについて ☆
私事ですが、料理研究の向上&仕事の都合によりコメント枠を閉じています。
更新数をなるべく増やせるよう努力いたしますので、今後とも応援よろしくお願いしたします♥ Rie
ほぼ毎日インスタグラムに愛犬”モコの様子を配信中🐶💞🐾🔜Instagram



[PR]
by raniyjp | 2017-06-09 06:30 | Scuola di cucina料理教室

日本から来た、若き料理人との
突然の出会いをきっかけに、ホームステイ型の
イタリア食文化をリスペクトした、土台となる
”基本の基本のイタリア料理教室”

レポが遅くなりましたが…
第一弾の4泊5日プチ料理留学、
最終日…
b0246303_23333565.jpg

イタリアに行った、
本場で食べた、だけじゃ分からない、
意外と知られていない、イタリア人が思う常識
組み込み、土着したベーシックなイタリア家庭料理
本場イタリアで学んでみませんか。

Scuola di cucina Italiana

-Le ricette di Rie-


Lasagne alla boscaiola

Pasta fresca all'uovo

Besciamella

b0246303_23364734.jpg
生パスタの復習で生徒さんが実践‼︎

日本で今までも作ってきたそうですが…
本場の生パスタと作り方が違った様だったなので
アップデートしてもらいました。

b0246303_23412757.jpg

ラザニアは、今や世界中に知られていて
多くの人が食べたことのあるイタリアンとして
珍しくないメニューの一つですが…
イタリア人が思う、本当の
ラザニアって
知ってる?

ラザニアの層を仕上げる順番は?
イタリア人の多くが子供の頃(大人も)
ラザニアで美味しいをいう部分はどこか?
イタリアン ベシャメルソースの材料配合は?
ベシャメルソースに強力粉??ソースが硬い?

などなど、、、またも和製イタリアンと
感覚の違いが多く出てきました。


4泊5日のプチ料理留学の
中3日は、朝から晩の復習まで
イタリア料理漬けの日々でしたが
日本語で日本人の目線で、細かい部分まで
知ることができるので、改めて修行ができたそうで
一語一句、全部スポンジのように吸収していきました。
新しい発見や改めて知る事などが多くあり、
充実した日々だったそうです。

私自身も今回の経験を踏まえて、
改めて正統イタリア料理をイタリア料理に
興味を持つ日本人や若い料理人にもっと
もっと伝えたいなとも思いました。

私自身イタリアに住み始め、
本場でイタリア料理研究を続けた
5年の月日は、無駄じゃなかったなと...笑
モデナでも新たな芽が出ました。また次月にも
第二弾プチ料理留学を開催したので
レポをお楽しみに〜


Scuola di cucina
- Le ricette di Rie -✈️🇮🇹

イタリア夫監修の元、
本場イタリアの食材を使い、
正統派イタリア料理教室モデナ校。

アマチュア〜プロまで受講者募集!
モデナ料理教室のお問い合わせ先:
riecco.happy.life@gmail.com
“
では、また~✿

꒰。•◡•。꒱۶꒰。•◡•。꒱۶
Alla prossima !

☆ コメントについて ☆
私事ですが、料理研究の向上&仕事の都合によりコメント枠を閉じています。
更新数をなるべく増やせるよう努力いたしますので、今後とも応援よろしくお願いしたします♥ Rie
ほぼ毎日インスタグラムに愛犬”モコの様子を配信中🐶💞🐾🔜Instagram

[PR]
by raniyjp | 2017-05-19 00:03 | Scuola di cucina料理教室

日本から来た、若き料理人との
突然の出会いをきっかけに、ホームステイ型の
イタリア食文化をリスペクトした、土台となる
”基本の基本のイタリア料理教室”

レポが遅くなりました…(^^;;
b0246303_05270935.jpg
イタリアに行った、
本場で食べた、だけじゃ分からない、
意外と知られていない、イタリア人が思う常識
組み込み、土着したベーシックなイタリア家庭料理
本場イタリアで学んでみませんか。

Scuola di cucina Italiana

-Le ricette di Rie-


Tajarin al sugo di carne

Tajarin (Pasta fresca all’uovo)

Parmigiana di Gobbi
Tiramisù
b0246303_05152428.jpg
手打ち生パスタと前日から煮込んだ
肉のトマトソースでピエモンテ州の郷土料理
"タヤリン(タリオリーニ)"を作りました✨


冬野菜を使った
パルミジャーノレッジャーノ
たっぷりの…
b0246303_05234447.jpg
イタリア夫の大好物でもある
ゴッビを使った、ウンブリア州の郷土料理
パルミジャーナ ディ ゴッビ✨

Parmigiana di Gobbi
b0246303_05260861.jpg
ちょうど生徒さんの誕生日前夜だったので
ティラミスをバースデーケーキに🎂✨

Tiramisù
b0246303_05250148.jpg
今回もレッスン中、何度も確認が入り
生徒さんが日本で今まで作っていた、
和製イタリアンとの違いが多。。。

例えば…生パスタをボールで作る?
基本生パスタを作るときに水?!(◎_◎;)
ティラミスの材料に生クリーム?!(◎_◎;)
生クリーム入れるなら入れる意味は知ってる?
などなど。。。違いがたくさんで驚きました。

本場イタリアでは、当たり前である調理法や材料が
日本ではアレンジされたり、コスト削減されたりして
フレンチ寄りに変化してしまい、何が基本なのか、
正しいのか分からなくなっているのが現実で
改めて、ここでアップデートして
貰えたようで良かったです。

イタリアンは身近だけど
実は奥が深く、何が間違っているのか
何が分かってないか、追求しないと
分からないものなんです。

アマチュア〜若き料理人へ
イタリア夫監修の元、
本場イタリアの食材を使い、
日本語で詳しく、日本人の目線で体験する
正統派イタリア料理教室モデナ校レポでした。

Scuola di cucina
- Le ricette di Rie -✈️🇮🇹

アマチュア〜プロまで受講者募集!
モデナ料理教室のお問い合わせ先:
riecco.happy.life@gmail.com
“
では、また~✿

꒰。•◡•。꒱۶꒰。•◡•。꒱۶
Alla prossima !

☆ コメントについて ☆
私事ですが、料理研究の向上&仕事の都合によりコメント枠を閉じています。
更新数をなるべく増やせるよう努力いたしますので、今後とも応援よろしくお願いしたします♥ Rie
ほぼ毎日インスタグラムに愛犬”モコの様子を配信中🐶💞🐾🔜Instagram

[PR]
by raniyjp | 2017-05-17 00:03 | Scuola di cucina料理教室

プチ料理留学の外食レポ。

ランチにモデナの郷土料理を学びに
いつも行列のトラットリアへ…

Scuola di cucina Italiana
-Le ricette di Rie-
b0246303_03305603.jpg
トルテッリー二 イン ブロード

ニョッキのバルサミコ酢かけ

コテキーノとジャガイモのピューレ

子豚とバルサミコ酢

付け合わせのほうれん草とカリフラワーの
パルミジャーノレッジャーノがけ
b0246303_22064955.jpg
Trattoria Aldina
Via Luigi Albinelli, 40, Modena

月〜土 12:00 -14:30
金, 土のみ 20:00 – 22:30

予約不可
行列に並ぶ場合は名前をカウンターの
おじさんに残してくださいね。
b0246303_03343851.jpg
今回もモデナ市民が愛する
家庭の味を堪能してもらいました。
イタリア料理は、シンプルだからこそ、
マンマ(お母さん)の味を知ってこそのイタリア料理
だと思います。。そして、イタリア特産の食材を、
地元で改めて学び、正しい使い方や食べ方などを
知ってもらう事も大切だと思います。

第一弾 3泊4日のプチ料理留学も
後半を迎えましたが、もう少し
レポが続きます~
では、また✿

꒰。•◡•。꒱۶꒰。•◡•。꒱۶
Alla prossima !

☆ コメントについて ☆
私事ですが、料理研究の向上&仕事の都合によりコメント枠を閉じています。
更新数をなるべく増やせるよう努力いたしますので、今後とも応援よろしくお願いしたします♥ Rie
ほぼ毎日インスタグラムに愛犬”モコの様子を配信中🐶💞🐾🔜Instagram

[PR]
by raniyjp | 2017-05-11 00:03 | Scuola di cucina料理教室

日本から来た、若き料理人との
突然の出会いをきっかけに、ホームステイ型の
イタリア食文化をリスペクトした、土台となる
”基本の基本のイタリア料理教室”

レポが遅くなりました…(^^;;
b0246303_19531923.jpg
イタリアに行った、
本場で食べた、だけじゃ分からない、
意外と知られていない、イタリア人の常識を組み込んだ
土着したベーシックなイタリア家庭料理
本場イタリアで学んでみませんか。

Scuola di cucina Italiana

-Le ricette di Rie-


Bagna càuda


b0246303_19553427.jpg
今回は、ピエモンテ州の郷土料理
"本場のバーニャ カウダ"を作りました。

あぁ、バーニャカウダね。
知ってる!知ってる!と、知名度が高い
イタリア料理のひとつですが、、、

本場イタリアの
バーニャ カウダのことを
本当に知っていますか?

しかも、昔から季節の風物詩として
食べられる期間があるのを
知っていましたか?


私自身も日本で食べていたし、
自分でも作っていたのですが、、、
日本で食べるもとは、材料も野菜の種類も
こんなに違ったとはし、知らなかったのが事実で
本場で本当のバーニャ カウダを知って感動しました。

今まで日本で食べていたのは、にんにくとアンチョビの
オリーブオイルのドレッシングのようなものに
アレンジしたものだったと気づく…


Bagna càuda バーニャカウダとは...
発祥地は、イタリアの北西部のピエモンテ州です。
ピエモンテ弁で"salsa calda サルサ カルダ"の
こと言い、温かいソースという意味です。

ソースの材料は、オリーブオイルと
ニンニクと塩漬けアンチョビとバターが基本で、
近年は、ニンニクの臭いを和らげるために
牛乳を入れて作る場合もあります。

ピエモンテ州の新種(novello)が解禁になると
同時に解禁となり、秋〜冬に食べられます。
ポットでソースを温めて、秋の旬野菜をつけ
友人と大人数で一緒に食べるものです。


地元トリノっ子でも知らない人が
多いのですが、ピエモンテ州の特産品で
バーニャ カウダ専用のニンニクの種類があり
そのニンニクを使うと、牛乳を使わず作れ
次の日に口臭を気にする事なく、
胃もたれする事もなく、
昔ながらのクラッシックな
ニンニクの香り良いソースを楽しめ、
大量の野菜をガンガン食べる事ができます。

近年では、イタリアでニンニク嫌いも多く
レストランでもニンニク無しバーニャ カウダ
存在します。郷土料理が変化してしまう惨事ですね。

イタリア人は、ニンニク好きだと思われがちですが
パスタソースでも香りをつけるくらいで
食べる人は、南イタリア人を除いて
かなり少ないのが実状です。
ビックリでしょ、笑



過去8回も料理教室でメニューに
選ばれて来た”バーニャ カウダ”を
今回はモデナで揃う材料だけでしたが
堪能して、学んで貰うことができました。

本場イタリアで、シンプルな本当の味を知り
その土地その土地のイタリアの食文化を学ぶ
大切さを伝えたいなと改めて思いました。

アマチュア〜若き料理人へ
イタリア夫監修の元、
本場イタリアの食材を使い、
日本語で詳しく、日本人の目線で体験する
正統派イタリア料理教室モデナ校レポでした。

Scuola di cucina
- Le ricette di Rie -✈️🇮🇹

アマチュア〜プロまで受講者募集!
モデナ料理教室のお問い合わせ先:
riecco.happy.life@gmail.com
“
では、また~✿

꒰。•◡•。꒱۶꒰。•◡•。꒱۶
Alla prossima !

☆ コメントについて ☆
私事ですが、料理研究の向上&仕事の都合によりコメント枠を閉じています。
更新数をなるべく増やせるよう努力いたしますので、今後とも応援よろしくお願いしたします♥ Rie
ほぼ毎日インスタグラムに愛犬”モコの様子を配信中🐶💞🐾🔜Instagram

[PR]
by raniyjp | 2017-04-29 08:24 | Scuola di cucina料理教室

モデナの歴史的市場
"メルカート アルビネッリ"へ

先日から続いています、プチ料理留学続きで、
現地の素材や特産品を観て学ぶ
"メルカート ツアー"。

Scuola di cucina Italiana
-Le ricette di Rie-

Mercato Albinelli, il mercato storico di Modena
b0246303_00185007.jpg
季節ごとに変わっていく旬の野菜。

野菜や果物のオーブン焼きも
モデナの食卓に欠かせない惣菜の一つ。
必見な材料です。

b0246303_22570426.jpg

それぞれに合うソースや食べ方がある
モデナの郷土生パスタ

b0246303_18430110.jpg

そのまま茹でるだけの詰め物パスタから
オーブンに入れるだけの生パスタは、
地元住民に人気です。

b0246303_18422307.jpg
閉店間際に肉屋さんで注文したら、
上の貯蔵庫から降りてきました‼︎(◎_◎;)
こうして、衛生的にワイヤーに引っ掛けて上下に
昔から肉塊を店頭から運んでいるそうです。
面白い。
b0246303_02321944.jpg

モデナの郷土焼き菓子も必見で
アマレーナのタルトや細いパスタがのっている
タリアテッレなど...

b0246303_22580437.jpg

生徒さんと一緒に、食材を見て
使ってみたい素材や作りたい料理など、
希望を聞いて、レッスンに落とし込んでいきます。
個人でふらふら〜と回るだけじゃ分からないことや
気付かない事が沢山あるけど、ガイド付きだと
新しい発見が多くあったようです。

少しイタリアの生活に入り込み、
在住者になった気分を体験することも、
イタリア料理に携わるに当たって、
大切なことだと思います。

旅行や観光で感じる
イタリアとは、違う一面がみれ
その土地の食文化がより深く見えてきます。

実際に、私も何度も何度もメルカートに足を運んで
どこに何があり、こことあそこの何が美味しいなど、
季節ごとに把握し、どのお店で買うか決めていきます。

もちろん品質を吟味しますし、店員との相性もみます。
その道の専門のプロから、どう調理するかなど適切な
アドバイスや指示を貰うことで、土着度が増し
自分の料理にも幅が出てきます

メルカートは、その土地土地の
食文化の宝庫ですね。
では、また~✿

Scuola di cucina
- Le ricette di Rie -✈️🇮🇹

アマチュア〜プロまで受講者募集!
モデナ料理教室のお問い合わせ先:
riecco.happy.life@gmail.com
“

꒰。•◡•。꒱۶꒰。•◡•。꒱۶
Alla prossima !

☆ コメントについて ☆
私事ですが、料理研究の向上&仕事の都合によりコメント枠を閉じています。
更新数をなるべく増やせるよう努力いたしますので、今後とも応援よろしくお願いしたします♥ Rie
ほぼ毎日インスタグラムに愛犬”モコの様子を配信中🐶💞🐾🔜Instagram

[PR]
by raniyjp | 2017-04-21 20:03 | Scuola di cucina料理教室

まずは、モデナの郷土料理"ニョッコ"と
"ティジェッレ"を学びにトラットリアへ…
プチ料理留学は、外食もします。

Scuola di cucina Italiana
-Le ricette di Rie-

Trattoria Il fantino
Piatto Uniso della tradizione Gnocco e Tigelle
b0246303_01300532.jpg
地元で愛される店へ行き、
実際に郷土料理を食べてもらい、
雰囲気も共に学んでもらいます。

Costine di maialino brasate al lambrusco
b0246303_01241323.jpg
モデナのドルチェといったら、定番の
マスカルポーネのクリームと
ズッパ イングレーゼ
お味をチェック✅

Mascarpone con scaglie cioccolato e
Zuppa inglese
b0246303_23410512.jpg
先日もご紹介した
"トラットリア イル ファンティーノ"

Trattoria Il Fantino
Via Donzi, 7, Modena

martedì–sabato12:30–14:00, 19:30–23:00
domenica12:30–14:00
lunedìChiuso
🐶OK
(要予約)
b0246303_01283932.jpg
郷土料理を食べるという勉強なのですが、
同時に初対面なので、互いの考えを伝え合い、
意思の疎通をしコミュニケーションを図り、
今後のレッスンに有効におとしていく
大切な時間でもありました。

...って飲んで、しゃべって
という楽しい時間なんですが、笑

色々話しをした上、
私自分がイタリアの地で、
5年間日々研究し学んできたイタリア料理というものを、
日本へ巣立つ若き料理人の成長を願いつつ、驕らず、
ケチらず、大きな気持ちで伝えていこう!
決意した日でもありました。
では、また~✿

꒰。•◡•。꒱۶꒰。•◡•。꒱۶
Alla prossima !

☆ コメントについて ☆
私事ですが、料理研究の向上&仕事の都合によりコメント枠を閉じています。
更新数をなるべく増やせるよう努力いたしますので、今後とも応援よろしくお願いしたします♥ Rie
ほぼ毎日インスタグラムに愛犬”モコの様子を配信中🐶💞🐾🔜Instagram

[PR]
by raniyjp | 2017-04-11 20:14 | Scuola di cucina料理教室

日本から来た、若き料理人との
突然の出会いをきっかけに、ホームステイ型の
イタリア食文化をリスペクトした、土台となる
”基本の基本のイタリア料理教室”
今年度より、新天地の北イタリア,
モデナではじめました‼︎

3ヶ月前の事と、かなり
レポが遅くなりましたが…(^^;;
b0246303_04245021.jpg

イタリアに行った、本場で食べた、だけじゃ
分からない、
意外と知られていない、イタリア人の常識を組み込んだ
土着したベーシックなイタリア家庭料理
本場イタリアで学んでみませんか。

Scuola di cucina Italiana

-Le ricette di Rie-


Pasta fresca

Tortelloni di zucca con aceto balsamico

b0246303_07414390.jpg
第一日目のイタリア料理教室のメニューは

手打ち生パスタ

かぼちゃのトルテッローニ

b0246303_06254001.jpg
今回はモデナ郷土料理料理の
定番”トルテッローニ”を作りました。
名物のロースト カボチャとアマレッティを入れ、
特産バルサミコ酢をかけ、モデナ流に仕上げました。


Tortelloni トルテッローニとは。。。
6-8 cm角のパスタ生地に具材を詰め、三角に折り
両端を丸めリング状にした、詰め物パスタです。
基本的に中に詰める具材は、野菜とチーズで
主にかぼちゃ、リコッタとほうれん草、
リコッタ、ビーツなどの組み合わせです。

発祥地は、エミリア ロマーニャ州
ロンバルディア州といわれています。
モデナでは”トルテッローニ”と呼びますが、
イタリアでも地方によって呼び名が違います。
トスカーナ州では、これを"トルテッリ"と呼び、
形が変わりラヴィオリのことも、
トルテッリとも言います…
ややこしいわw 汗
b0246303_07355420.jpg
レッスン中、生徒さんは日本人ですが
若いとは言えど、長年勤め上げた料理人なので、
大抵のイタリア料理を分かっているだろうからと…思って
簡単に確認しながら進めていました。

”え?”あれ?”それは?”と質問が、、

あれ逆に今まで、
どう作ってきたのかと問うと…
ビックリ(◎_◎;)

、、、ぁ、まじですか。
色々と実状を知って
ショックを受けてしまいました。

日本人が思うイタリア料理は、
もはや、アレンジ力が強く、基本の基を通り越し
違うものになっている事になっているのではないかな?と
不安になり、和製イタリアンの存在に気付かされました。


日本は、新発想やアイデアを大切にする
アレンジ大国なので、仕方のないことですが…
(私も新しいもの好きですし、日本人なのでわかりますが。)

その国の料理の基本や食文化を
知ってからアレンジするのと、知らないでするのと
では、大きな違いがあるのではないか?と。


そこで、アマチュア〜若き料理人へ
イタリア夫監修の元、本場イタリアの食材を使い、
日本語で詳しく、日本人の目線で体験する
正統派イタリア料理教室モデナ校
キックオフしました👏

Scuola di cucina
- Le ricette di Rie -✈️🇮🇹

アマチュア〜プロまで受講者募集!
モデナ料理教室のお問い合わせ先:
riecco.happy.life@gmail.com
“

新天地で仕事を変えようとも思っていたのですが…
今後とも よろしくお願いいたします!
では、また~✿

꒰。•◡•。꒱۶꒰。•◡•。꒱۶
Alla prossima !

☆ コメントについて ☆
私事ですが、料理研究の向上&仕事の都合によりコメント枠を閉じています。
更新数をなるべく増やせるよう努力いたしますので、今後とも応援よろしくお願いしたします♥ Rie
ほぼ毎日インスタグラムに愛犬”モコの様子を配信中🐶💞🐾🔜Instagram

[PR]
by raniyjp | 2017-03-30 07:03 | Scuola di cucina料理教室