人気ブログランキング |

元シェフのボンゴレ・ビアンコ & トリノのクリスマス飾り☆

元シェフのボンゴレ・ビアンコ & トリノのクリスマス飾り☆_b0246303_361052.jpg
VONGOLE BIANCO

ボンゴレ・ビアンコ

Ingredienti 材料 2 Persone (2人分~)
水  2リットル             
岩塩  20g
リングイネ 160g            
アサリ  50g
セロリ  20g              
パセリ  1本
バジリコ  2枚(乾燥だと小さじ1/4)
バター  15g              
ニンニク  1かけ
パスタの湯で汁 50cc
パルミジャーノレッジャーノチーズ 大さじ2
塩 少々                 
コショウ 少々

Preparazione 作り方
はじめにアサリは砂をかんでいるので、洗って半日ほど
塩水に入れ(海ほど塩っぱいくらい)冷蔵庫か氷水につけておきましょう。

1.お湯を沸かし沸いたら、岩塩を入れパスタを入れ
  野菜は、それぞれみじん切りにしておきます

2.アサリをこすり合わせて洗い、フライパンに何もいれず
  炒めるように開くまで火にかけます

3.アサリのだけ皿にいれ
  貝身だけとり、飾りで何個か貝付きにします

4.フライパンにバターとニンニクを入れ香りをつける
  バターが解けたらセロリをいれます

5.セロリがやわらかくなってきたら、アサリの身(貝付きも)を戻し塩を入れ火を止めます
  パスタが茹で上がるまで待ちます

6.パスタの茹で汁をコップでとり、茹で上がったパスタを
  湯きりしてフライパンのソースに入れる。

7.アサリの汁をいれ、全体にからんでソースをパスタが
  吸い終わらないうちに火を止めチーズを入れます。

8.お皿にもってバジリコとパセリを散らしコショウをかけ
  盛り付けて出来上がり♪

BUON APPETITO!!


『今日のランチメニュは、ボンゴレ・ビアンコでお願いします~』

土日は、ダンナがごはんを作ってくれることが多いのですが
(なんて幸せなっ!!って思った方もいらっしゃるかもしれませんが
これも私にとっては、勉強の一つ)

ダンナは元シェフなのと研究熱心で、私のイタリア料理の先生でもあります。

『SI CHEF!! はい シェフ!!』と

アシスタントなので、すばやく動きます~

iPad片手にメモしながら、共に作ります~

一緒にゆっくり過ごせる週末、この時間は意外と大切かもしれないですね。


アサリにバター??パルミジャーノレッジャーノチーズ??

と驚かれる方もいらっしゃるかもしれませんが

隠し味のセロリで絶妙な組み合わせになります。

レストランにも負けない!!

美味な味付けになりました☆


秘密のレシピを教えてもらった所で、白ワインと美味しく頂きましょう。

BUOOOOOONO!!!おいしいいいいい!!!

2人で創作する楽しさと

もう少し塩? これでいい?など話し合ったり

新しいレシピの話や料理に合うワインの話で盛り上がります♪


←ここから他のレシピもみれます。

********************************************

この日のトリノの街中は人が多い!! 

メイン広場に行くと、今まで見たことのない人の多さで

クリスマス前ということもあって人々の活気がありました。
元シェフのボンゴレ・ビアンコ & トリノのクリスマス飾り☆_b0246303_3113549.jpg
PRESEPE プレセーペ

クリスマスシーズンには、欠かせないもので
(クリスマスは、ツリーとサンタのイメージしかない私・・・)

キリスト降誕の場を人形で表現した模型です。

馬草桶・馬屋・キリストが生まれた馬ぶねなどがあり

キリスト教では、当たり前のことですが生誕を祝います。

これ無しでは、クリスマスが始まらないということで

早速、うちでも飾りました♪
元シェフのボンゴレ・ビアンコ & トリノのクリスマス飾り☆_b0246303_3134699.jpg
CALENDARIO DELL'AVVENTO

12月の1日~25日まで、日めくりになっていて

子供から大人まで毎日楽しめます♪

予告:12月12日から光が建物に照らされ幻想的な夜を楽しめるそうです。
元シェフのボンゴレ・ビアンコ & トリノのクリスマス飾り☆_b0246303_3154129.jpg
VIN BRULE ホットワイン

北イタリアですが寒くても、これがあるから大丈夫でしょ(笑)






by raniyjp | 2011-12-05 17:03 | Pasta パスタ