人気ブログランキング |

贅沢ココット~アルバ産の白トリュフ添え~☆ Anselma バローロを求め試飲会♪



b0246303_331569.jpg
Uova in cocotte con Tartufo Bianco di Alba

贅沢ココット ~アルバ産の白トリュフ添え~

これは、星付きのレストランで
木箱に入って出され、目の前で蓋を空けると共に
香り豊かなココット料理です。

アルバの白トリュフ見本市に行った時に、これを作りたい!と思っていて
↑ Click この記事を見てない方はこちらから
Fiera internazionale del Tartufo bianco d'Alba

おうちで実現してみました♪

これだけでも十分美味しいのですが
白トリュフのオイルで代用しても、美味しくいただけます。

時短ですぐ出来るので、テーブルセッティングしてから
調理を開始しないといけないお料理です。

中は、ほぼ生の状態なので
一緒に美味しいパンとお召しあがりください。

『Buonissimo!最高~!』と
ダンナもバローロ片手に大満足♥

Ricetta ↓↓ レシピはこちらから
タベラッテ贅沢ココット~白トリュフ添え~

材料は新鮮でちょっと贅沢して、美味しいものを選んでくださいね♪
白トリュフは、黄身と相性が抜群にいいのでシンプルに
目玉焼にもお勧めです。(トリュフオイルでも美味しいですよ~)

********************************************

先週末、あのワイン大先生の知り合いのワイナリーで試飲会をしてきました。
b0246303_513254.jpg
Azienda Agricola Anselma Giacomo← Click
Piazza Maria Cappellano, 2 - 12050 Serralunga d'Alba

アンセルマ ジャコモ 農夫の会社。。。直訳するとそう言い
実際、このワインを造っている家族が経営しています。

Anselma アンセルマ←詳しくはこちら
比較的小さなワイナリーで、知る人ぞ知るバローロ ワインです。
1900年開業のワイナリーで、お爺さんから代々と
受け継がれている会社です。

Degustazione
b0246303_3445880.jpg
Anselma Barolo
Collaretto 2007 14%

バローロ アンセルマ コラレット 2007年
味わいが深く、すぐ飲んでも良い重い飲みあたりの中に軽さがある
あと10年ほど待って飲んでも美味しいワイン
ゆっくり味わうのには、ピッタリで美味しかった
b0246303_3451719.jpg
Anselma Barolo
Vigna Rionda Riserva 2006

バローロ アンセルマ リニャリオンダ リセルバ 2006年
ダンナが好きな味で、少しクセのある濃い味で
アルコールも高く葡萄の香りが少し強いが、ゆっくり時間をかけると
まろやかになり、後を引く美味しさです
b0246303_3574384.jpg
Anselma Barolo
Vigna Rionda Riserva 2005

バローロ アンセルマ リニャリオンダ リセルバ 2005年
'06とは香りも味も違い、香りが豊かで
へーゼルナッツの香りやリクリッツア(リコリスの根)の香りがし
ジャムのような濃厚なフルーティーな香りと味わい
ノルウェーの品評でも高得点を取ったものです
b0246303_54968.jpg
Riserva リセルバ・・・樽熟成3年以上のワインで
葡萄の良い分部を使い、造る肯定も丁寧に作られています。

ちなみに、今年のワインは大雪のおかげで
土の下に水分が残ったままになって、ミネラルを多く含み
比較的良い出来だという事でした。
b0246303_3443294.jpg
Vigna

この辺の土地は、イタリア ワインの皇帝とも言われる
世界でも有名なGaja ガヤも造られている場所なのです。
以前紹介した村、バローロだけでなく
この村で造られるワインもバローロと称します。

あいにくの雨でしたが、ブドウ畑は綺麗で
黄色から赤へ紅葉し始めていて、深秋を感じる風景でした♪


では、皆様も良い週末を~✿
Buon fine settimana!

タベラッテ贅沢ココット~白トリュフ添え~

応援ポチッ Click Grazie♪

☆ お返事コメントについて ☆
皆様、いつも嬉しいコメントをありがとうございます!
ブログをお持ちの方へは貴ブログへ、お持ちで無い方へは
下のコメ欄にお返事させて頂きますね。
初めての方も気軽にコメント残してくださいね~♪ Riecco


ワインPRを協力させて頂いている会社は・・・
ETLIViN エトリヴァン
この会社は、信頼できるワインへの愛が感じられる会社だと思います。
イタリアのワインを知り尽くし、尚追求しています。
ワインの畑から、製造過程まで現地へ行き醸造家と
fece to faceで仕事をしている分、ワインの持つ
見えない力を肌で感じているので、深い話が出来ると思います。
イタリア各地を旅しながら、醸造家を求め
ワインを試飲して、郷土料理を食べて、地域の歴史を学んで
いらっしゃる方々なので、美味しい食と確かな評価を与えてくれます。
(レストラン関係の方お取引していただけます。)
by raniyjp | 2012-11-17 02:30 | Secondo piattoメイン料理