人気ブログランキング |

Casa Museo Luciano Pavarotti カーサ ムゼオ ルチャーノ パヴァロッティ家博物館

モデナ観光名所の一つ、
モデナ出身の偉大なる、三大テノール歌手
ルチャーノ パヴァロッティ家博物館

b0246303_16490334.jpg

毎日のように音楽家が集まり、ピアノの周りを囲み
コンサートやオペラの準備をしていたそうです。
若手オペラ歌手の生徒達には、毎回無償で
レッスンをしていたそうです。

b0246303_05575669.jpg


カラフルな自作油絵がたくさん飾ってあり
家の細部まで、彼のこだわりを感じる事ができます。

b0246303_05573530.jpg

パヴァロッティの日常所持品。

b0246303_08432243.jpg

カラフルな色が好きだったそうで
彼の身体の大きさと愛情と友情に
満ちた人だったことが感じられます。

b0246303_08400634.jpg


5回のグラミー賞、
ケネディセンター栄誉賞を始め
5,000以上の受賞した証がここにあります。

b0246303_06093022.jpg


神に祝福された声”とも言われる
彼の歌声は素晴らしいだけじゃ表せないほど、
ひとつの幻の楽器のようだと思う。。。

b0246303_20123152.jpg


1955年にモデナの師範学校を卒業したのち,
小学校で 2年間教壇に立っていたそうです。

1961年に声楽国際コンクールで優勝し
プロのオペラ歌手としてデビューし
ヨーロッパの歌劇場を中心に活動していました。
1968年ニューヨークのメトロポリタン歌劇場デビューし
2004年のステージを最後にオペラ公演を
引退したそうです。

b0246303_08505719.jpg

たくさんの楽譜や
世界中のファンを感動させた
オペラの衣装が飾られています。

b0246303_08522208.jpg


皆様もご存知の通り、
2006年トリノオリンピック
開会式にプッチーニ 歌劇トゥーランドット
”Nessun dorma (誰も寝てはならぬ)”を歌い、
パヴァロッティ人生最後の
ステージとなりました。

b0246303_20125914.jpg

世界中をツアーで回っていたため
新築工事が進まず、2005年に完成した
パヴァロッティの家。

b0246303_08503027.jpg

ハットやスカーフが沢山の
クローゼット。

b0246303_08500925.jpg

34歳年下の奥様と再婚し
娘と家族の写真だらけの寝室。

b0246303_00440539.jpg

生活感を感じる
スペースが大きめの
サウナ付きのバスルーム。

b0246303_09201872.jpg


"三大テノール"と称され、カレーラス、ドミンゴと共に
1990年サッカー ワールドカップ(イタリア大会)の
決勝戦前夜のコンサートで3人は初共演し、
94年, 98年, 02年と再共演しました。

以来、世界中を三大テノールの
コンサートは行われていました。

b0246303_06225027.jpg

パヴァロッティは
2007年に71歳で亡くなったので
2年弱しか住んでいなかったことになる家が
解放され、今は博物館になっています。

b0246303_23392815.jpg


パヴァロッティに所縁がある
世界中の有名アーティスト達との
写真の数々✨

b0246303_08514534.jpg

地下室のワインセラー
ワインやシャンパンだけじゃなく、
グラッパやリキュールなど、銘柄も選りすぐりで、
レストラン並みでした。

b0246303_16493425.jpg


光が入り明るい
白と黄色で鮮やかなキッチン。

b0246303_16442504.jpg


Casa Museo Luciano Pavarotti
Stradello Nava, 6, Modena

lunedì- domenica10:00– 18:00
入館料 €8 (対象者 €6)
音声ガイド付き

b0246303_07022490.jpg

フェラーリ博物館と提携している他、
ミラノにも系列のパヴァロッティ博物館
Pavarotti Milano Restaurant Museum
パヴァロッティ ミラノ レストランミュージアムがあり
モデナのミシュラン一つ星レストランの
シェフが手がけるモデナ郷土料理を
食べることができるそうです。

モデナの家博物館は、ファンやオペラ好きには
思っている以上にぐっと感動するほど、
素晴らしいミュージアムでした。

では、また
꒰。•◡•。꒱۶꒰。•◡•。꒱۶

☆ コメントについて ☆
私事ですが、料理研究の向上&仕事の都合によりコメント枠を閉じています。
更新数をなるべく増やせるよう努力いたしますので、今後とも応援よろしくお願いしたします♥ Rie Instagram



by raniyjp | 2017-11-13 08:03 | EmiliaRomagnaエミリアロマーニャ