人気ブログランキング |

b0246303_1343984.jpg
Latte e miele

ラッテ エ ミエーレというイタリアで、喉が痛いときに

必ず飲む温かい飲み物です。

義マンマに喉が痛いことを言うとこれを絶対教えてくれます。

そして、オレンジをたくさん食べることです。


コニャックを入れるのは、義マンマ スペシャル バージョンです♪

お酒が苦手な人は入れなくいいですよ。(普通は入れません)

眠れないない時にも温まりいいですよ♪


よくよく効能を調べてみると・・・

マンマのハチミツミルク凄いじゃない!!

ハチミツ・・・喉に良く殺菌力があると言われます。

コニャック ・・・フランスのコニャック周辺で産出されるブランデーです。
        フランスでは、ブランデーには
        コニャック、アルマニャック、カルヴァドスがあり
        eau-de-vie(オー・ド・ヴィー)と呼びます。
        これは英語whiskyなどと同じく命の水の意味で
        薬としての効能があるという説があります。

        1310年にオーズ修道院の院長により、アルマニャック酒の
        40の効能で、全ての痛みを治癒し、体力を蘇らせる健康維持の
        ための薬について記載された古文書があるそうです。

ブランデーを入れる理由は、ただ香りが良く

甘ったるくない仕上がりに、なるだけではなく

効能があるんですね~ステキ♪


ちなみにコニャックがより良いのは、ブランデーの中でも

高級な分、効能をより発揮するということです。

普通のブランデーでも、ないよりは全然いいと思いますよ。


簡単すぎて、レシピにするまでも無いのですが・・・

はまる方は、これにはまってしまいます♪

レシピはこちらから↓↓Ricetta
タベラッテ

北イタリアのトリノは、昼間は20℃で春日和です。

夜は、一気に冷え込みますが

寒い寒いのイメージが、だいぶ違うようです。

昨日のポカポカな昼間に、窓を開けルンルン気分♪

薄着でいたので、喉を痛めてしまいました・・・。


どうしても喉が痛いとき、ありませんか?

その時は、義マンマのハチミツミルクとしょうが湯!
b0246303_1424168.jpg
ワイン大先生のお嫁さんでお友達のお土産です♪

本当に嬉しかった~~ありがとう☆

そして、とっても会いたくなりました♪

おかげさまで、どうにか昨日ほどの痛みは無く回復しております。

葱は巻かずに済みました(笑)
(イタリアでもしますが、苦手な行為なので・・・)


東京でもまた雪が積もり、福岡でも雪がちらついていたと・・・

まだまだ寒い春の始まりですね。

皆様も、ご自愛くださいね。

←応援クリック Click Grazie!

********************************************

ワインと関係の無いレシピでしたが・・・

昨日の続きで、べンヴェヌート ブルネッロ 2012の2日目へ~
b0246303_25121.jpg
Benvenuto Brunello 2012

今日は、いろいろな方が入れますので大人数です。

通るのもやっとで、ダンナが苦手の人ごみ具合でした。

昨日は、昼ごはんなしで頑張りました!!

今日もかしら・・・

b0246303_220641.jpg
POGGIO RUBINO

フルーティーであっさりした香りです。

口に入れてもさっぱりしていてフルーティな香りが広がります。


リセルヴァは、落ち着いたフルーティな香りが広がります。

Rossoは、他のに比べフルボディな感じでしっかりしています。

ここの子供とお絵かきして遊び、癒されました。

b0246303_3473244.jpg
IL POGGIONE

香りは強くなく少し足りないくらい、でも

きれいな味で、口に含むと香りが広がってきます。


リセルヴァは、香りは強くなく舌に残る感じです。

b0246303_3291117.jpg
TENUTA DI SEATA

アメリカンスタイルのワインでで軽い甘い香りで

たくさんあるブルネッロ中でののアクセントにはなります。


Rossoは、甘い香りで舌にからむ甘さです。

b0246303_313321.jpg
VILLA POGGIOSALVI

香りも少なくあまり、おすすめではないですかね。


Rossoは、アルコールが強いあじわいです。

AURICOは、ヴィンサントより軽く甘くてチーズなどにも合いそうで美味しいです。

b0246303_338562.jpg
LISINI

興味深い香りで、口に含むと思っているよりは少しマイナスな感じです。

香りは良く丸みが少し出て味も落ち着いています。

b0246303_37299.jpg
SIRO PACENTI

フランス風のワインで、やさしい香りがふぁっと広がります。

渋みはありますが、あっさりして飲みやすいです。


Rossoは、爽やかなフルーティ美味しいです。

b0246303_371630.jpg
ザ・トスカーナのワイン畑の方々が語り合っています。

まだまだ、これから試飲レポはありますが

この会場とはお別れです。

また来年☆


私はソムリエではないので、詳しいコメントは出来ませんが

ワイン大好きな主婦から目線

新米ワイン ジャーナリストのレポートになります。

ご了承くださいませ。

b0246303_229792.jpg
Montalcino

丘の上にある会場から下ると、街にでます。
b0246303_2295764.jpg
毎年の星が有名なデザイナーによって描かれたものです。

☆☆☆☆ 2011・・・Salvatore Ferragamoフェラガモがデザインしています。
☆☆☆☆☆2010
☆☆☆☆ 2009・・・美風、日本のデザイナーです。
b0246303_2383352.jpg

☆☆☆☆☆2007・・・FIATのチンクエチェントのデザイナー部長が手がけたものです。
☆☆☆☆☆2006・・・tihang

毎年の評価がこれでわかります。


<お知らせ>

ワインPRを協力させて頂いている会社は・・・
ETLIViN エトリヴァン

この会社は、信頼できるワインへの愛が感じられる会社だと思います。
イタリアのワインを知り尽くし、尚追求しています。
ワインの畑から、製造過程まで現地へ行き醸造家と
fece to faceで仕事をしている分、ワインの持つ
見えない力を肌で感じているので、深い話が出来ると思います。
イタリア各地を旅しながら、醸造家を求め
ワインを試飲して、郷土料理を食べて、地域の歴史を学んで
いらっしゃる方々なので、美味しい食と確かな評価を与えてくれます。

レストラン関係の方はお取引していただけます。


このワイン(一部)が、これから飲める場所は・・・
TARANTELLA da luigi タランテッラ ダ ルイジ

住所:東京都港区白金3-22-1F
電話:03-6408-5552 (要予約
営業時間:平日・土日 18:00~23:00(L.O.)
日曜・祝日 18:00~22:00(L.O.)定休日:不定休
白金台駅から歩いていけます。

このお店は、イタリアのナポリの伝統料理を中心に
本場ナポリピッツァ職人の情熱をご堪能できます。
イタリアで学んだ郷土料理と、間違いない美味しいワインとともに
至福の時間を過ごして頂けます。
正真正銘の本物のイタリア料理店です。
b0246303_044191.jpg
私の紹介したパニッツェがついに!
ここで食べて頂くことが、出来る様になりました♪

☆電話での御予約の際に必ずリエッコのパニッツェも予約してください!

* 私のレシピの中のイタリアの料理で食べたい!と思っていたのが
  あって聞いて頂いたら、出来る範囲で作ってくれます~♪

(お料理は、その日すぐには出来ないのでお店の方に聞いてくださいね。)

私とダンナ(イタリアに居ながらも彼のピザの大ファン)を始め
イタリア人の友達やイタリア好きの日本人の方も大絶賛のお店です。

是非、食べに行ってみてくださいね♪


では、また明日!

A domani!

タベラッテマンマのハチミツミルク☆
←応援クリック Click Grazie!
by raniyjp | 2012-03-01 04:14 | Bevanda ドリンク