人気ブログランキング |

b0246303_213127.jpg


Pizzoccheri della Valtellina
sono il piatto simbolo della cucina tradizionale Valtellinese, conosciuti un po' ovunque e molto apprezzati soprattutto nei mesi freddi.
Il nome, pizzoccheri, sembra derivare dalla radice pit o piz col significato di pezzetto o ancora dalla parola pinzare col significato di schiacciare, in riferimento alla forma schiacciata della pasta.

ピゾッケリ デッラ ヴァルテッリーナ

ソバ粉のパスタを使った料理です♪
じゃがいもとカーボロ ヴェルザを使い
とろっと甘いソースと頂きます。

このパスタを見た瞬間に食べたい!と
リクエストをしてダンナに作り方を教えてもらいました。

まだ、日本の方は知らないレシピかな~?

ロンバルディア州のアルプス山の地域の
ヴァルテッリーナのシンボル料理
コモ湖の水源アッダ川の流域にあります。

本場だとアルプスの高山なので寒い事も有り
バターを入れます!(量はお好みでどうぞ)

パスタの繊維を感じトロトロのじゃがいもと
甘いキャベツにチーズた~~ぷり♪

これ美味しいじゃん!!
Buoni!!

レシピはこちらから↓↓Ricetta
タベラッテ←Click Grazie♪

必ず火を止めてチーズを入れてくださいね!
そば粉を使って、このパスタは作れます・・・

b0246303_21531263.jpg
I pizzoccheri

見た目もソバの平打ちみたいですね♪
ひき割りは、かなり荒めで
小麦粉を混ぜ水と塩で作るシンプルなものです。
b0246303_21541483.jpg
Le piante

キッチンの窓際にハーブを少しずつ増やしているのですが
暖かいので、ボーボーになってきました~♪

この生の大サルビア(セージ)を使い、風味豊かになりました。
中途半端な窓際族。。。もっとオシャレにして出直しますね~笑



今日は、トリノのミステリーツアーへ
ご案内します~♪
b0246303_23284926.jpg


Museo della Sindone

トリノには何故か、キリスト教の聖遺物の1つ
キリストの聖骸布があります。

2千年間ほど謎で、近年95%本物が証明されました。

この博物館へ私は、怖いから行きたくなかったのですが
ダンナのお願いで、しかたなく行く事にしました。

b0246303_2334825.jpg


聖骸布とは、キリストが亡くなってから包まれた布の事です。

本物なのか偽物なのか?
この問いは、何世紀にも渡って宗教界及び
科学界の関心を引いていました。

イタリアの学者達は、長年の研究の末
意外とも言える結論に達したそうで、学術的結論で
複雑な鑑定がなされ布が、ほぼ100%本物である事が
証明されました。

b0246303_23572385.jpg
La Sindone fotografata da Giuseppe Enrie (1931).

本体は、縦4.36m 横1.1mのすぎあや織の亜麻で出来ていて
素材は麻、中世のものでない事が証明され
生成りに近い象牙色の布の上に
痩せた男性の全身像がネガ状に転写されているように見えます。

この謎は、未だに解明できないそうです…

b0246303_23371689.jpg
L'immagine frontale presente sulla Sindone nel negativo fotografico.

写真のネガにも、ハッキリ現れたそうで
裏には当て布があてられ、はがすと人物の姿は見られず
血の染みのみが見られる。

布上に残された全身像の痕跡より
頭を中心に縦に二つ折りにして遺骸を包んだようです。

b0246303_01272.jpg
ハンド音声ガイド(イタリア語・英語)で詳しく案内してくれます。

布の年代測定が行われ、キリスト誕生後一世紀のものであると特定され 
色素顔料が全くないことを証明し、つまり布は人の業とは思えないもの
明らかになった部分すべては、本質的なものだそうです。

これ自体を信じられなかったのですが・・・
なんだか不思議な気持ちに。。。

b0246303_0221599.jpg
この箱のダイヤなどは、すべて取られたようです。

1532年にフランスのシャンベリの教会にて
保管されていた際に火災に遭い
その一部がこげ損傷しています。

b0246303_0231276.jpg
この箱にて王様が持ち込んだようです。

聖書では、キリストはこの衣に40時間包まれていたと書かれてあり。
調査でも、実際にこの布の中に40時間遺骸があった事が証明され
ゆえに95%、この布は本物だと言えるそうです。

b0246303_23455358.jpg
これは、フェイクですが実寸大です。
博物館に隣接する協会は、プライベート教会で
博物館に入る人のみで普段は、開放してありません。


b0246303_23462187.jpg
Duomo di Torino

現在では、聖ヨハネ大聖堂に保管されています。
王宮の隣の場所です。

ここは、世界中からのキリスト教徒すべての崇拝を集める
正真正銘の本物は、見れませんが・・・
あることは確かだそうです。

そして、写真の撮影もできません。

学者曰く調査結果は、信者で無い人々にこの世界すべては
創造主が創り上げたのだという事を考えてもらう良い機会になった
と言っています。

信仰というのは、心の中から発するものだそうです。

b0246303_0711.jpg
なぞの答えのもう一つ

なぜ、トリノにあるのか?

1353年伝存の経緯は、不明らしいのですが
フランスのリレのシャルニー家が所有していて
いくつかの所有者や保管場所の変遷などを経て
1453年に所有がサヴォイ家に移り
1578年にトリノ持ってきたということでした。

『面白いでしょ?トリノの地下へミステリーツアーが
あるらしいから参加しよっか?』とルンルン♪
ミステリー好きなダンナ・・・
『ヤダ。』私。

ということで、また明日~

A domani!


タベラッテピゾッケリ デッラ ヴァルテッリーナ♪

↑ Clickちょっと覗いて応援してくださいね~♪

by raniyjp | 2012-03-22 00:59 | Pasta パスタ