プチ料理留学3日目夜は、
イタリアのクラシックな”ブルスケッテ(複数形)”を
再度、学んで頂きました。

今回は、ブルスケッタの代表
中央イタリア、トスカーナ州の盛り合わせ
ブルスケッテ ミステ トスカーネ

Bruschette miste TOSCANE
Pane toscano(pane sciocco)

b0246303_02455264.jpg


ブルスケッタ(単数形)”は、食前酒の
おつまみでもあり、前菜として食べられます。
基本盛り合わせなので、2個以上の複数形となり
本場イタリアでは”ブルスケッ”と呼びます。
(諸外国では、複数でもブルスケッと簡潔化されてます…)

超ド定番のトマトのブルスケッテ。
”パーネ トスカーノ(無塩パン)"の表面か耳部分に
ニンニクを刷り込み、トマトをのせたもの。
地元トスカーナでは、おつまみだけでなく
夏のおやつとしても食べられます。

トスカーナ州の特産品、白インゲン豆
カーヴォロ ネーロ(黒キャベツ 日本で言う、カーボロネロ)
ピリッと辛めトスカーナ州産のオリーブオイルが
シンプルで、素朴な味の決めてになる
トスカーナ特有のブルスケッテ。

b0246303_23491517.jpg


トスカーナを代表する
"クロスティーニ トスカーニ"
=トスカーナのクロスティーノ(レバーパテ)
トロッとしているホット レバーパテが支流。

本場では、ガリガリに焼いた、塩パン
温めたレバーパテをのせて食べるもの。


追加で、トスカーナと限らないのですが
マッシュルームのブルスケッテ。

ピエモンテ州伝統ツナソース
クロスティーニ。

b0246303_02463207.jpg


”クロスティーニ(複数形)とは
パテやソースなどを塗ったものや、
素材の味をいかした組み合わせで、
野菜やハムなどを自由に合わせてのせた
イタリアのオープンサンドの事。
フランスで言う”タルティーヌ”。
レバーパテの事を
”クロスティーノとも呼びます。


今回もトスカーナ州の郷土ワイン
"キャンティ"と共に、自家製塩無しパンで作った
伝統的なブルスケッテとクロスティーニを
楽しんで頂けました!!!


では引き続き、
プチ料理留学レポート
お楽しみに~✿

꒰。•◡•。꒱۶꒰。•◡•。꒱۶
Alla prossima !

Scuola di cucina
- Le ricette di Rie -✈️🇮🇹
アマチュア〜プロまで受講者募集!
モデナ料理教室のお問い合わせ先:
riecco.happy.life@gmail.com
“


☆ コメントについて ☆
私事ですが、料理研究の向上&仕事の都合によりコメント枠を閉じています。
更新数をなるべく増やせるよう努力いたしますので、今後とも応援よろしくお願いしたします♥ Rie
インスタグラムに愛犬”モコの様子を配信中🐶💞🔜Instagram




[PR]
by raniyjp | 2018-02-28 08:03 | Scuola di cucina料理教室